脱出のきっかけになるバイト

何らかの事情によってニートとなってしまった場合、そこから脱出するのはなかなか難しい。特に、働かないと同時に引きこもっている場合には、さらに難易度が高くなる。そういった期間が長くなればなるほどに、働くこと、外に出ることがとても困難なことのように思えてくるからだ。何かを変えることで状況が悪くなるような気がしてしまうのであろう。同時に、いつまでもこのままではいられないという焦燥感もあり、何もしていないからといって穏やかな日常を過ごしているわけではないのだ。

ニートから脱出するためには、まず第一歩を踏み出すことが必要だ。一般的には勉強も仕事もしていない状態から、まずはアルバイターへの転身が求められる。そこで大切なのはどういったバイトを選ぶかになってくる。接客業などは少々ハードルが高い。今まであまり人と接していなかった分、最初は限られた人としか接することがない仕事が良いだろう。体力的にも不安要素がある。上下関係が厳しい職場や電話対応が頻繁にある会社なども敬遠したくなることだろう。

そういったことを考慮すると、インターネット関連、特にネットショップの運営に関わるのが良いのではないだろうか。EC業界は比較的最近になって成熟してきた業界なので、若くて小さな規模の会社が多い。電話での顧客対応は専任スタッフがいることが多く、基本はネット上でのやり取りとなる。最低限のパソコンスキルがあれば未経験からでも採用されることも多い。ページ作成や受注、発送業務など仕事内容も多岐に渡るので、できることを見つけやすいのもメリットだ。パソコンが得意というニートなら、始めやすく続けやすいバイトになるだろう。